記念写真をかっこよく撮る!プロから学ぶ写真講座

一人でも記念写真

記念にしたいことは、個人によって、違いがあるかと思います。
人それぞれに思い入れがあり、それをいつまでも残して起きたいということは、至極当たり前の気持ちかもしれません。
むろん、記憶にとどめるだけがいい、と考える人がいてもおかしくはありません。
それも立派な思いで作りでしょう。
けれど、自分にとって価値あるものであれば、記憶だけは寂しい感じがあるかと思います。
そうでなければ、個人的な旅行で、記念写真などを撮影しないと思います。
あるいは、何らかの買い物をし、店舗のまで写真を撮ることも、その人にとって、大事な記念写真となるのではないでしょうか?
実際、色々な場面で、記念写真が撮られていますが、ポートレートもまた、最近では行われているようです。
言うなれば、一人写真であり、自分だけが被写体になるものです。
最近のモバイル機器であれば、自分の姿も簡単に撮影できます。
プロの中でも、芸術的な写真を撮るために、ビルの屋上で、モバイル機器で自分を撮影する人もいるようです。
少々怖い気がしますが、それも、その人個人の芸術観点から来ているのでしょう。
もっとも、これは、一般的なことからすれば、希なケースになるでしょうが、そうでなくても、一人で写真に写り、記念に残すことができます。
たとえば、成人を迎える人の場合、十代最後として、ポートレートを撮る人がいます。
何十年経っても色あせないように、デジタル写真として残す人もいるようです。
また、この延長として、二十代最後、あるいは、独身最後のホートレートを撮る人もいるようです。
実に様々な記念があります。
また、実用化のためのポートレートもあります。
最近では、婚活がブームとなっていますが、会員登録用の写真も、一種のポートレートです。
あるいは、昔ながらのお見合いのための写真も、ポートレートとされています。
さらに、歌手になる夢などがある人は、オーディション用のポートレートを撮っているようです。
これらも、もしかしたら、実用性があるとはいえ、後年になった記念の品となる可能性があります。
そうなれば、一種の記念社員として、残しておくことが可能です。
もっとも、パスポートや運転免許証の写真も、一種のポートレートと見なすことができます。
案外、意識はしなくても、後々になって、記念写真となるようなポートレートを持っている人も、多いのではないでしょうか?
いずれにせよ、一人でも記念写真となるものがあり、多くの人が利用しています。
Search


Share
LINEで送る
Pagelist
Today Moon phase
Copyright (C)2017記念写真をかっこよく撮る!プロから学ぶ写真講座.All rights reserved.