記念写真をかっこよく撮る!プロから学ぶ写真講座

思い出をいつまでも

何らかの思い出作りは、多くの人が行っていることでしょう。
すでに言及しているように、今ではプロ顔負けの機能が付いたデジタル機器が、方々で販売され、記念写真を撮影している素人がたくさんいます。
プロ受難の時代ともいえ、それについても、すでに触れています。
しかし、いくら機能が豊富でも、まずは使いこなせることが、記念写真においても、大事です。
今では、高性能なカメラ機能がついた携帯電話やスマートフォンがあります。
簡単な操作となっていますが、画素数の選択などで、大きく見栄えが変わることがあります。
もちろん、画素数が大きければ、それだけ鮮明に映し出すため、それだけを知っているだけで、それなりの写真が可能です。
しかし、目的によっては、機能が豊富でも、なかなか上手く表現できません。
そこに、プロの入る余地があるのかもしれません。
また、写真は、ご承知のように静止画であり、瞬間をとらえるものです。
動きを追い続けたいのであれば、ビデオカメラが最適でしょう。
もっとも、ビデオカメラも、デジタル化が進み、今ではテープを使うものが、一般的ではなくなっているようです。
DVDやブルーレイ、あるいは、ハードディスクに保存するようになっています。
各機器に接続し、デジタルファイルになるので、パソコンにも取り込めます。
そうして、加工などをし、ワープロソフトを使って、アルバムを作成し、PDFファイルにすることで、長期間、品質を保持したまま保管することができます。
非常に、便利であり、また、自由度も高くなっています。
その都度、ビデオカメラを選ぶか、あるいは、カメラを選ぶかになるでしょう。
もっとも、今では、先でもお話しているように、スマートフォンのような多機能モバイル機器があり、ビデオカメラとしても利用できます。
撮影時間も、近年では映画並になったようで、2時間程度回し続けることができるようです。
そのため、以前よりも、身軽な格好で、色々なイベントを撮影できます。
おそらく子供の運動会でも、多用されていることでしょう。
もっとも、スマートフォンでは、限界があることも確かであり、ズームであったり、あるいは、視界などで、物足りない面もあります。
まだまだビデオカメラ、あるいは、デジカメの方が、機能としては上をいっているようですが、いずれそれにおいつく可能性があります。
いずれにせよ、思い出作りは、今後も消えることがなく、扱う機器が変わっても、記念写真は残っていきます。
合わせて、記念動画も、作成されるでしょう。
良い思い出作りには、やはり、時代は関係ないのかもしれません。
Search


Share
LINEで送る
Pagelist
Today Moon phase
Copyright (C)2017記念写真をかっこよく撮る!プロから学ぶ写真講座.All rights reserved.